People of the sun official blog

カテゴリー 

NEWS 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

Smiling your face

Smiling your face


君との心が離れてから どれくらいの時は過ぎたのか
些細なことで泣き笑う 時がまた流れていった

この空 澄み渡っていくのに心の曇りは取れないまま
行き場を失う悲しみが矛盾だけを飲み込んでいった

陽だまりの中 眩しさを感じ 涼しげな そよ風が涙を乾かしていた

出会いと別れ繰り返した 遠い 遠い あの日の記憶
大切なものは気付かぬもの 足元に転がっているもの

水溜り 映し出された小さな嘘を 軽く飛び越えた
君が去った悲しみも またポケットにしまい込んだ

不安定な僕を 何度も救い 心を晒しあえた ことで癒されていた

いとしいよ 切ないよ 君のいない日々を送るのは
まだ見ぬ 世界へと 君を連れて行きたかったのに

最後の音が鳴り止んだ時 出発の鐘は鳴り響いた
全てを断ち切れるように この先の道しるべとなるように  

紛れもないしない真実だけが この胸をきつく絞めつけている
人ごみ離れ 路地裏歩み 肩の誇りも払えるだろう

永遠に続く 自問自答 何かを求めながら 何かを追いかけていた
 
この夢の 続きだけは 今も僕の胸の中にあって
君にはもう 見えないんだ 僕の夢の続きさえも

絶え間なく流れる時 1秒づつ近づく死期
天をも睨む微かな狂気 全てを包み込む暖かな雰囲気
瞬きするくらいの瞬間に 一瞬に過ぎ去っていく日々に
もう一度その微笑を もう一度その微笑を
 
全てを 犠牲にしても 夢が道を創り上げていく
意味もない その仕草や  言葉が切なく蘇る

もう呼ぶな 過去の記憶よ 憂鬱な空 描くだけだから
この愛は 一吹きで 消えそうな果敢無い灯火のよう

スポンサーサイト
2007/11/11 15:09|歌詞CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSフィード 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

カウンター 

コメント 

トラックバック 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。